超現実の取り扱いに悩む | 風景写真家 落合勝博 ゆるブログ
<< SFと写真の意外な?関係 | main | ヴィジョン指向のススメ >>
超現実の取り扱いに悩む
category: 写真のコラム
0
    まずは次の作品をご覧いただきましょう。

    CGと写真、夕風の記憶

    どこかで見たような?…この作品は以前アップした写真作品「夕風の記憶」の模写を一つ一つオブジェクトを配置して行ない、同じような世界を3DCGで創り出しました。丸1日を費やしたぐらいではさすがに写真のコピーを作るほどの精度は無理でしたが、最初にこれだけを見せられたらどうなのでしょう?

    これは「Vue6」という自然景観を作成することに特化した3DCGソフトを使って描きました。写真作品としては最新だった(あれから3週間カメラを手にしていません!)「精霊宿り」の次の作品を創るために小道具を買いに寄ったヨドバシカメラでPCコーナーに立ち寄ったのがよろしくありませんでした。パッケージを見て、何コレ?凄いな〜、と不覚にも思ってしまい手を出してしまったのですね。このお手軽ソフトのせい(?)で今悩んでいるのです。現実と理想の狭間で「何を撮るべきなのか」を。今までのCG画像ならば明らかに「絵」でした。そこには現実感が伴っていなかったためにそう言い切れていたわけですが、このVue6は、まだ多少劣るとは言え、かなり写真に近く、しかも理想の構図による超現実の世界を創り出すことができます。
    例えば、ここに動物がいたらとか思ったことはありませんか?あるいは、あの樹をもう少し左に寄せたいと思ったことは?ここにモデルがいたら?それが絵ならば可能です。次の作品は「馬がここで水を飲んでくれたらいいなぁ〜」というこの「夕風の記憶」の理想の一つを実現してみました。ついでですのでシチュエーションも構図も変えてみました。馬が白くない理由?いや、それをやると何か(笑)に負ける気がしたためです。:-p

    CGと写真、朝の呼び声


    さて、ここで悩むことになります。数ヶ月以上前から、私は「撮影」そのものよりも「表現する内容」にこだわりはじめていました。写真とは何かを表現するための手段である、という考えですね。過去のノートでもたびたび皆様にご提案している考え方です。CGも絵画ではありますが、何かを表現するための手段には違いありません。今までは絵筆による絵を描く能力が欠如していたために、絵を描こうとは思っておりませんでした。憧れてはおりましたが…。そしてこのソフトを使えば、私が主題として用いる自然景観を、理想の構図でしかも写真のような現実感を持って創り出すことができます。これにはすっかり参りました。もちろん現時点では写真に劣る部分もあるのですが、それは写真を始めたばかりの頃と同じで、たぶん私の技量の問題です。CG制作に取り組み初めてまだ2週間、計5作品しか制作していないためでしょう。
    そして、その悩みは、写真撮影とCG制作の棲み分け方法と時間配分をどのようにかけたら良いのかに悩むことにつながります。それぞれに学べることはあります。実際、私は画集を買って研究することもありました。ですが、この世界、2足のわらじって可能なのでしょうかね?可能だとしても、写真らしい作品とは何でしょう?CGで表現すべき世界とは?と、写真を始めたばかりの頃とは種類は変わっても、悩む材料には困りませんね〜。:-p

    あ、一応恒例の何か学習に役立つ情報も。
    「朝の呼び声」で湖面に浮かぶ大きな2本の樹間を左右に開げた理由は右下に馬を入れたことによるバランスのためです。中央の樹が元の位置にあると馬の印象が弱まり、またこのままでは中央よりも右側に重要な要素が増えて右側ばかりが重い構図となるため。左右に広げた分、やや後ろに下がった位置からの構図としました。
    右の樹が生えている島を中央寄りにした理由は、元の島の端では右の樹に馬が近過ぎてやはり馬の印象が弱まるためと、朝日(右方向)に馬を振り向かせたために、振り向いた空間を広く取り余裕を設けたかったためです。向きがある物体の正面は少し間を空けてあげないと窮屈な印象になります。
    元の絵にはあった馬の立つ位置の背景にあった草は馬と重なると馬の印象が弱まるために別の場所に移動しました。
    また遠景の右端に杉を一本増やしました(上のサムネールでは端が切れてしまって見えませんが…)が、これは、元の作品よりもやや下寄りに構成要素が増えたために、上部に少し物を増やして上下のバランスを取りました。わずか1本の違いですが、ないよりはマシかと判断しました。ついでに背景に日がほとんど当たらなかったので少し当てる角度に光源の位置を修正して雰囲気を損なわない程度にバランスを取っています。
    …このように、構図の考え方は、写真と絵(CG)では大きな違いはありません。

    ---- 2012/3/26追記 ----
    最終的に下記のように作品を作り直し、アメリカのCGコンテストに応募しました。…落ちましたけれど。

    CGと写真、朝の呼び声
    「朝の呼び声」Call of the Beginning




    comments(0), trackbacks(0), - -
    人気ブログランキング 風景・自然写真へ

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村

    Comment.
    Add a comment.
    name:

    email:

    url:



    Trackback.
    url:
    New Entry.
    Category.
    Archives.
    Comment.

    pho10.comトップページに戻る
    ブログ内を検索
    プロフィール
    落合勝博(おちあいかつひろ)
     ー 横浜市在住のアマチュア風景写真家
    カレンダー
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    最新のブログに移動
    新着写真(壁紙)
    (解説付き)これだけあれば何でも写せる!
    お約束 (^_^;) amazonからの関連CM
    このブログの過去記事
    その他
    無料ブログ作成サービス JUGEM