ハワイ#1 星空の聖地 | 風景写真家 落合勝博 ゆるブログ
<< 電子の要塞へようこそ | main | 星の撮影と現像の一考察 >>
ハワイ#1 星空の聖地
category: 旅行ガイド
0
    行ってきました、ハワイ島。オアフじゃなくて。そしてツアーに申し込んで行ってきました、全ての天文ファン憧れの3大聖地「マウナケア山」。なんのため?それは…

    共鳴、ハワイ島、溶岩、天の川
    「共鳴」


    こ〜んな星空が見られる場所だからです!天文台13個がある場所は伊達じゃありません!この日は新月だったので、観察には絶好の日です。ラッキーでした。今見ているサイズだとちょっと小さくて星がよく見えませんね。画像をクリックして画面の右上にある「サイズを変える」→「ORIGINAL」で幅1600ピクセルの画像が見られるようになっています。気に入ったらデスクトップの壁紙にでも使ってください。また、あなたがどう感じたか、コメント/フェバフォト登録/拍手等で教えていただけると今後の創作の励みになります。ぜひフィードバックをお願いいたします!:-)
    なお、以下の「拡大可」作品群は全て幅1600ピクセルで公開しています。できれば大きな画面で雄大な世界をお楽しみください。

    本当は、山頂編からやった方が知らない人には分かりやすいと思うのですが、 とりあえず、どういう所か分かっていただくために、まずは、その世界各国が山頂付近に立てた数々の天文台からご覧いただきましょう!

    世界各国の天文台が並ぶハワイ島マウナケア山頂山頂には世界各国の天文台がずらっと並び、宇宙の神秘を追求しています。そちらからの眺めは、良い写真がたくさんありますので後日に別途ご披露いたしますが、まずはこんな感じの場所です。山頂は標高4200mほどあります。本当の山頂は現地の人の聖地です。法律的には立ち入り禁止ではないですが、常識のある人は絶対に足を踏み入れません。そんなわけで、本当の山頂とは100mぐらいずれた別の小高い所に天文台が建っています。まぁ、一般にはこちらを山頂と言っても差し支えないでしょう。


    ハワイ島マウナケア中腹にあるオニヅカ・ビジターセンターそして、その天文台の人達が生活しているのが、中腹にあるこの「オニヅカ・ビジターセンター」付近です。この辺の標高は2800mぐらいです。さすがに4200mではちょっとの移動にも息絶え絶えです。:-p だって、下の世界の4割しか酸素がないんですよ。ホントきついです。そこで、このあたりまで下ってきて生活しているんです。ビジターセンターもここにあります。「オニヅカ」って日本人の名前?と気づいた人は偉いです!日系人なのですが、スペースシャトルの墜落事故で亡くなった英雄です。その名をつけて彼の偉業を忘れないようにしているのです。


    ハワイ島マウナケア中腹にあるオニヅカ・ビジターセンタービジターセンターは、こんな山小屋です。トイレと売店と星のロードショー設備があります。売店には、おみやげ(と言っても結構ひどいので期待しないでください)と水やおかしを売っています。一般の車はここまでしか上がってくることはできません。この先は、観測に影響が出るため、許可を受けた限られた台数の車しか上がっていけないんです。朝は1台のみ。夕方は18台です。ということは…当然、朝のコースがおすすめなわけですね。時間がきついですけど。


    ハワイ島マウナケア中腹にあるオニヅカ・ビジターセンター周辺の風景、マウナロアちょっと高い所からビジターセンター(中心付近)を見下ろしたものです。噴火してできた溶岩の大地なので、凄い異形の景色ですね。雲海に頭を出しているのは、この山の兄弟である「マウナロア山」です。下がつながっています。ちなみに「マウナケア」は「白い山」という意味です。山頂は雪があるんですよ。スキーツアーもあるぐらいです。リフトはないので車で上がります。そして「マウナロア」は「長い山」という意味です。山頂がとってもなだらかですね。


    ハワイ島マウナケア中腹にあるオニヅカ・ビジターセンター周辺の風景、マウナロアビジターセンター近くの丘に登ってみました。絶景ですねぇ〜。開放感があります。ここはちょっと下ったと言っても湿度は10%ぐらいしかない結構過酷な場所です。土は溶岩です。でも、こんな所にも立派な花をつける植物が生きています。




    さて、お待たせいたしました!冒頭で披露した「共鳴」の続きの星空をまとめてご覧いただきましょう。残念ながら南十字星は時間が合わず撮れませんでした。orz。
    空が暗いのでわずかな光が空の色を変える
    空が暗いのでわずかな光が空の色を変える


    ビジターセンターは観測に影響を与えないため常時赤色灯を使う
    ビジターセンターは観測に影響を与えないため常時赤色灯を使う


    明るいオリオン座も星の多さに探すのが一苦労
    明るいオリオン座も星の多さに探すのが一苦労


    赤道に近いので北極星がはるか下の方に、ハワイ島
    赤道に近いので北極星がはるか下の方に


    天の川の見え方は日本の比ではない、ハワイ島
    天の川の見え方は日本の比ではない
    comments(0), trackbacks(0), - -
    人気ブログランキング 風景・自然写真へ

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村

    Comment.
    Add a comment.
    name:

    email:

    url:



    Trackback.
    url:
    New Entry.
    Category.
    Archives.
    Comment.

    pho10.comトップページに戻る
    ブログ内を検索
    プロフィール
    落合勝博(おちあいかつひろ)
     ー 横浜市在住のアマチュア風景写真家
    カレンダー
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    最新のブログに移動
    新着写真(壁紙)
    (解説付き)これだけあれば何でも写せる!
    お約束 (^_^;) amazonからの関連CM
    このブログの過去記事
    その他
    無料ブログ作成サービス JUGEM