撮影中に考えていること | 風景写真家 落合勝博 ゆるブログ
<< 撮影失敗談 レンズ落下 | main | ほたる童謡公園に行ってきました! >>
撮影中に考えていること
category: 写真テクニック中級編
0
    JUGEMテーマ:写真


    今日は、撮影中に何を考え、何に気を付けているかを書いてみます。構図や露出の技術的な詳細は以前の記事を読み返してください。

    まず、撮影計画を立てる時は、自分が写したい被写体がどこにあり、いつ行けばいいのかを調べた上で、行き先を決めています。具体的な被写体というよりは、そういうものに巡り会えそうな場所を探しているというイメージです。この段階で仮の目標イメージを作っておきます。目標を持っておくことで、何を良いとするかの具体的な判定基準を得ることができ、撮影効率が上がります。ただしそれにこだわりすぎないことも重要で、思ったような撮影ができなかった時はさっさと頭を切り替えます。僕が参考書として愛用しているのは以前にも言っていますがカメラマンシリーズです。ガイド誌としても風景写真の教科書としても非常に良くできたシリーズだと今でも思っています。

    撮影地で被写体を探している時は、自分が全体として表現したいメッセージを表現できる被写体かどうかを気にしながら移動しています。ただし、それは主体であって、その他に気になるものが目についたら、立ち止まって(車を停めて)、表現したいことがその被写体にあるか検討を始めます。
    表現のメッセージ性について知りたい方は「ヴィジョン指向のススメ」などメッセージに関係する過去記事をどうぞ。

    モノになりそうだと直感したら、今度はどこからどういう風に構図を作ると効果的かを(可能な場合は)360度ぐるっと回ったり、近付いたり離れたり(基本は遠くから検討を始めて近付いていきます)しながら、被写体と背景の関係が良くなる場所を探します。この時にはライティングの方向も気にしながら、被写体を引き立てるライトと背景の関係を画角も含めて検討します。空をどのくらいの分量入れるかも重要です。その日の天候や雲の量、時間帯などによって、被写体との重量バランスを考えます。曇りや雨の日は白飛びを避けるため思い切って空を外す(少しだけなら残してもOK)必要もあります。
    そうしたことをからめて考えて、最も良い構図法を選択してフレーミングを決定します。日の丸構図の時もありますし、三分割法の時もあります。実は構図というのは視線誘導の仕組みが分かれば自分で作り出せるものなので、、、そこそこ以上のプロやハイアマチュアは、実際に日の丸構図だとか三分割法だとか考えないで、最も良い方法を時々に検討しているだけですが。
    構図について日の丸構図や三分割法以上の答えを必要としている方は「#3 主役を作り上げる〜教科書の次に読むノート」などを起点にシリーズを読み込んで見ると何か見つかるかもしれませんね。

    構図が決まったら、パンフォーカスするためのピント位置を決めて、ライブビューで拡大しながら、マニュアルでピント調整します。オートフォーカスしても良いですが、マニュアルフォーカスで合わせる方が意図した所にピッタリ来るので良い結果となることが多いです。特に広角で奥行きを表現する時に近い被写体と遠い背景がある状況では、自分でピントを合わせないとパンフォーカスできる状況が限られてきます。

    構図内に表現を弱めるものがないかライブビューで拡大表示も使いながら確認します。もしあった場合には、構図検討をやり直すことになります。場所を変える場合もあります。
    この時にしっかりと四隅に不要なものが写りこんでいないかも確認します。フォトコンの上級クラスと初級クラスが分かれていることが多いですが、その差はこういったディテールへのこだわりの差も大きいです。それなりのプロや上級クラスの常連は頭で分かっていることは全て出し惜しみなくやってきます。だから同じ場所で写しても全く異なるクオリティーで作品を創ることができるのだと思います。

    露出を決定します。これはデジタルの場合は簡単で、試写してみて、プレビューでヒストグラムを見て、白とびや黒つぶれがないか、十分な幅の山ができているかを確認します。白とびや黒つぶれがなくても、目的とする表現によって、明るすぎたり暗すぎたりするので、その時は露出を補正します。

    後はタイミングを待ちます。場合によっては雲の形が良くて形が崩れる前にすぐに写さなければならない時もありますし、逆に雲が風で流されてくる場所を予想しながら待つこともあります。夕景や朝景の場合は、そうなる前の余裕のある時間に構図まで決めてから1時間、2時間と待つことになります。
    このタイミングを待っている間に、実は色々なことに気付きます。例えば鳥が飛んできたり泳ぐ可能性に気付いたり。そうした時には元の構図を修正し、その動物を納める場所を確保して移動してくるのを待ちます。もちろん、ピントや露出はそれまでにやり直しておきます。

    空の状況によっては自動露出の結果がコロコロと変わって、意図しない明るさで撮影されてしまうことがあります。白い雲の量が多かったり、太陽が雲から出たり隠れたり忙しい時にそういうことが起こりやすくなります。そういう状況では、絞り優先モードで出た露出を覚えて、そのシャッター速度と絞り値をマニュアルモードに設定して露出を固定してしまいます。

    シャッターを切った後は、プレビューで望みの結果になっているか、再度、白とびや黒つぶれをチェックすると共に、パンフォーカスになっているか、被写体や背景の草が風でブレていないかを確認します。もし気に入らなければ、そしてもう一度写せるならば、写し直します。

    風は急には出てこないので、あらかじめ風の影響を考慮したシャッター速度になるように絞りを浅くとったり、ISO感度を高めるなどして待つこともあります。

    以上のように、色々なことを考えながら撮影しているのです。もし自分に足りていない所に今回一つでも気付いたら、参考になる部分は一つ一つ課題として確実に取り組んでみてください。全てをナチュラルにできるようになった時、きっと今までよりも一段も二段も上の表現ができるようになると思います。
    comments(0), trackbacks(0), - -
    人気ブログランキング 風景・自然写真へ

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村

    Comment.
    Add a comment.
    name:

    email:

    url:



    Trackback.
    url:
    New Entry.
    Category.
    Archives.
    Comment.

    pho10.comトップページに戻る
    ブログ内を検索
    プロフィール
    落合勝博(おちあいかつひろ)
     ー 横浜市在住のアマチュア風景写真家
    カレンダー
    SMTWTFS
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    最新のブログに移動
    新着写真(壁紙)
    (解説付き)これだけあれば何でも写せる!
    お約束 (^_^;) amazonからの関連CM
    このブログの過去記事
    その他
    無料ブログ作成サービス JUGEM