壊れた三脚を自分で修理してみた | 風景写真家 落合勝博 ゆるブログ
<< LEDギネス登録を見届ける旅その2〜紅葉の白川郷と王滝渓谷 | main | 紅葉の赤目四十八滝(三重県) >>
壊れた三脚を自分で修理してみた
category: 写真のツール
0
    数ヶ月前からちょっとおかしいなと思っていた僕のジッツォ。
    ついに撮影中に脚がポロッと抜けてしまい、ビックリ!(汗)

    壊れた三脚の脚を自分で修理、脚が抜けた、ねじ山、ジッツォ、GITZO

    抜けた時は、ねじ山が完全につぶれてしまっていて、これは修理依頼か新規購入かの二択かな?と観念していました。が、ダメ元で自分で修理してみるか!と思い立ち、100均でボンドを買ってみました。
    買ったのは「コニシのG17」。



    子供の頃から工作によく使ってきていて、その粘着力の強さと、あらゆる素材に適応する応用の広さで、僕にとっては最も信用のおけるボンドの一つ。瞬間接着剤は便利ですが、乾いた後の粘着力は、僕の感覚ではこっちの方がはるかに強いです。あれだけ宣伝しているので素材によるのだろうとは思いたいところですが、、、。
    それで、100均で買おうと思ったボンドの中にコレがあって、ちょっと喜んじゃいました。
    これならイケるんじゃないかと。

    ねじ山が磨耗しているので、ただ塗っただけでは薄すぎて隙間ができてしまいます。
    それで、少し考えてみた後、時間をかけて重ね塗りをすることにしました。

    まずは、普通に塗って、それで脚を差し込んで、1日置きます。
    この段階では、隙間があるので、簡単に抜き取れました。
    それで抜いた後に、また塗って差し込みます。
    で、さらに1日経って、まだ抜ける感じだったので、
    ここでさらに重ね塗り。
    次はそろそろ本番なので完全に乾くまで2日放置。

    思ったとおり、今や、完全に固定されました。
    この前の輪島行きでも使用しましたが、問題なく以前の性能に戻っていました。
    ヨカッタ、ヨカッタ。一安心。(^^)/

    JUGEMテーマ:写真
    comments(0), trackbacks(0), - -
    人気ブログランキング 風景・自然写真へ

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村

    Comment.
    Add a comment.
    name:

    email:

    url:



    Trackback.
    url:
    New Entry.
    Category.
    Archives.
    Comment.

    pho10.comトップページに戻る
    ブログ内を検索
    プロフィール
    落合勝博(おちあいかつひろ)
     ー 横浜市在住のアマチュア風景写真家
    カレンダー
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    最新のブログに移動
    新着写真(壁紙)
    (解説付き)これだけあれば何でも写せる!
    お約束 (^_^;) amazonからの関連CM
    このブログの過去記事
    その他
    無料ブログ作成サービス JUGEM