工場萌えの聖地?四日市の夜景を撮ってみた | 風景写真家 落合勝博 ゆるブログ
<< 秋の名古屋城 | main | 日本の風景撮影環境は世界一ィィィ! >>
工場萌えの聖地?四日市の夜景を撮ってみた
category: 撮影手記
0
    昨日アップした「秋の名古屋城」の裏番組として、四日市市の工場萌えの定番撮影スポットに行ってみました。

    名古屋に近かった方から、まずは第3コンビナート。矢印の場所ね。


    大きな地図で見る


    三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第3コンビナート

    で、そのアップを何枚か。

    三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第3コンビナート

    三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第3コンビナート

    三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第3コンビナート

    「さみぃー!」と心の中で叫びながら、四日市ドーム側からの撮影。
    この日は、結婚式の1.5次会参加で「おしゃれな格好で来い!」との指令があり、スラックスにジャケットという格好だったのですが、失敗だったのが車で来たのでコートを忘れたことに気づかなくて。しかもこんな日に限ってものすごく寒い!翌日の朝は田んぼの水が凍っていたくらい夜に冷え込んでいたんですよ。(T_T)
    とはいえ、そこはそれ。カメラを手にすると、いつまででも撮れちゃうのが風景写真家という種族(笑)。多分、生まれた時に、ネジが2、3本抜けちゃってるんじゃないかな(^_^;
    救いは、色々入っていて面倒だからそのまま持ってきていたカメラマン用ベストの中に撮影用グローブが入っていたこと。ちょっぴり助かりました。

    次は、第2コンビナート(コスモ石油四日市製油所)。矢印の場所ね。


    大きな地図で見る


    三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第2コンビナート

    三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第2コンビナート

    ここは、三滝川を挟んで反対側の岸辺から。
    被写体がデカイ場合、あまり近くから写すと下から見上げる形になるため、画面上方がすぼまってしまうので、適度に離れてすぼまない距離から撮るのがいいのです。
    とはいえ、この上の全景写真は、それでもすぼんでしまったので、Photoshopでゆがみを補正しました。FF7的で、なんかカッコイイですね。工場萌えの人達の気持ちが少し分かります。

    最後は第1コンビナート(昭和四日市石油)。しつこいけれど(笑)矢印の場所ね。


    大きな地図で見る


    三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第1コンビナート

    三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第1コンビナート

    三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第1コンビナート

    ここは鈴鹿川の土手に上がって撮りました。

    撮影が終わったのが23時半頃。
    そこから1時間くらいかけて高速で豊田市まで戻りましたが、、、少しうとうとしてしまい、壁に激突しそうになって慌ててハンドルを戻すこと2回、少しよろけたこと3回、、、。正直、よく生きて帰ってこられたな、というのが自分の感想。そんな反省で翌日の撮影計画は白紙にして車を返してしまいました。寝不足でさらに運転するのは危険ですから。
    あまり遅くまで撮影すると帰りが危険ですね。いつもは夜景は基本的に車中泊か電車帰りでしか撮影しないもので気にしていませんでした。皆さんも居眠り運転には気をつけてください!





    JUGEMテーマ:国内小旅行
    comments(2), trackbacks(0), - -
    人気ブログランキング 風景・自然写真へ

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村

    Comment.
    お疲れ様〜♪
    私もなんとか無事に帰れました。
    素敵な工場夜景!良いですね〜
    今回はNGでしたが、いつかは(笑)
    また、会いましょう!
    2012/12/03 9:41 AM, from 横浜のあほう鳥
    お互い無事で何よりでした。
    では、また、そのうちに〜。
    2012/12/03 6:38 PM, from 落合勝博
    Add a comment.
    name:

    email:

    url:



    Trackback.
    url:
    New Entry.
    Category.
    Archives.
    Comment.

    pho10.comトップページに戻る
    ブログ内を検索
    プロフィール
    落合勝博(おちあいかつひろ)
     ー 横浜市在住のアマチュア風景写真家
    カレンダー
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    最新のブログに移動
    新着写真(壁紙)
    (解説付き)これだけあれば何でも写せる!
    お約束 (^_^;) amazonからの関連CM
    このブログの過去記事
    その他
    無料ブログ作成サービス JUGEM