結婚式などのスナップ撮影の注意点 | 風景写真家 落合勝博 ゆるブログ
<< これから結婚します | main | 今ならPhotoshopCCが永久に月額1000円で使える! >>
結婚式などのスナップ撮影の注意点
category: 写真テクニック初級編
0
    今、自分の結婚式の写真を補正中です。
    撮影はスタジオカメラマンにお願いしたのですが、、、。
    これがとんでもなく下手だったので、その補正にてんやわんやです(汗

    というわけで、この補正中に思ったスナップ撮影の注意点を挙げてみたいと思います。

    ・水平を取る

    スナップ撮影でも風景写真と同様、水平は重要な要素です。意図してずらすことで勢いをつけることができますが、基本は水平です。これがずれると、下手なんだなとすぐに分かります。
    水平を取るためには、画面の中にある垂直、水平の線を探して、それが垂直もしくは水平になるように心がけると良いでしょう。例えば建物や窓の輪郭、柱などを基準にするとずっと水平を取りやすくなります。

    ・ピントを被写体に合わせる

    ピント位置をオートで撮る人に多いのですが、肝心の被写体にピントが合わずに、前景や背景にピントが来ることがあります。常に被写体にピントが来ているか、ピントの合う範囲を確認しましょう。また、特定の位置でピントを合わせたとしても、その後でシャッターをきるまでにタイムラグがあると、自分か被写体のどちらかが動いてピントがずれます。コンティヌアス・モードを使ったり、タイムラグを作らない、自分が動かない工夫をするなど、ピントがずれる要素を排除しましょう。

    ・ホワイトバランスをオートに設定する

    室内撮影では、室内の照明の色温度にかなりの影響を受けます。特に太陽モードなどを多用する風景写真家の皆さんはホワイトバランスをオートにしておくだけで、かなりの範囲の失敗を防げるのではないかと思います。RAWで残していればこの点は大丈夫ですけれどね。

    ・不要な前景を入れない

    ろうそくとか、葉っぱとか、他の人の手とか、、、。それ、計算で入れれば臨場感を増す工夫につながるのですが、多くの場合、ただ入っただけの要素です。そうしたものが入っていないことを画面の四隅に気を配ってから撮影するクセをつけましょう。そうした「入っちゃった」前景は、すっごく邪魔で、被写体の持つパワーが大きく削がれます。

    ・不要な背景を入れない

    被写体以外の人を画面に入れないように気をつけましょう。特に被写体にかぶって写る人物やモノが被写体の印象を弱める可能性については、常に意識してください。どうしても入れざるをえない状況では、なるべく目立たないように入れるようにアングルやタイミングを工夫しましょう。被写界深度を調整することで、背景だけをボカして、目立たなくする方法もあります。

    ・被写体の向きを意識する

    被写体、特に人物の場合、その人物の前方をやや広めに開けるのが基本となります。正面を向いている場合には左右対称になるように、右を向いている場合には右をやや開け気味に、左を向いている場合には左をやや開け気味に。そうしないと余裕のない、不安定な写真になります。頭の上も少しだけ余裕を持たせておくと、画面全体が窮屈にならずに済みます。

    ・十分なシャッター速度を確保する

    被写体は動きます。動いている最中の被写体を撮る時には、十分なシャッター速度を確保しておかないと、被写体ブレを起こしてしまいます。例えばお辞儀をしている最中とか、歩いている時とか。50mmくらいまでのレンズであれば、おおよそ1/160s以上は確保しておきたいところ。望遠だったらもっと必要になることもあります。シャッター優先はむろんのこと、暗い室内撮りの場合にはストロボを検討します。ストロボ光は直進性が強い光のため影ができやすいですが、変な技巧に走って結局シャッター速度がかせげていないくらいならば、もう思い切って直接ストロボを被写体に向けてちゃんとしたシャッター速度で撮る方が、スナップ写真としては上等だと私は思います。

    ・被写体の動きに合わせる

    被写体が動いている場合でも、よくタイミングをはかれば止まっている瞬間、遅くなる瞬間というのはあるものです。シャッター速度が稼げない状況では、そうしたタイミングで撮ることで被写体ブレを防ぎやすくなります。それには動きの先を読んで行動することです。プログラムがある場合には、次はこうするハズという予測をしながらシャッターチャンスを待ちましょう。

    ・望遠では絞りを浅くしない

    同じ絞りでも、広角ほど被写界深度は深くなり、望遠ほど被写界深度は浅くなります。したがって、24mmや35mmではF5.6くらいでも問題にはならないとしても100mmだったらF8、200mmだったらF11と、絞りを絞っていく必要があることを覚えておいてください。なんのことを言っているのかというと、、、二人を斜めから撮る時のことです。並んでいる二人を斜め前から撮ると、片方はレンズから近くに、片方は遠くにいることになります。したがって、どちらかにピントを合わせて撮る場合、絞りが足りないと、もう片方はぼやけてしまうのです。これを防ぐためには絞るしかありません。絞ると暗くなります。ということで、室内で望遠を使う結婚式の撮影では、ストロボ必須です。

    ・斜めから撮らない

    絞りを十分に確保できない場合は、斜め前方から撮らずに、ちゃんと正面から撮りましょう。そうしないとボケます。またちゃんと全体にピンが来る場合でも、斜めから正面用の写真を撮るとレンズに近い人は大きく写り、遠くの人は小さく写ります。さらに梁などの水平物が斜めに写ることになり、画面に不安定感が出てしまいます。奥行きを表現する必要のない場合には、できるだけ斜めから写さないことです。特に何人も画面に入る集合写真に近いものでは。

    ・できるだけ広角を使わない

    広角であるほど近くのものは太く長く、しかも歪んで写ります。人物がその近くのものである場合、本来の形状を保持することができなくなります。したがって、どうしても広角である必然性がない場合には、できるだけ望遠気味で歪みを抑えた方がキレイに撮れるのです。そして、望遠にすればするほど暗くなりますから、、、ストロボを使いましょう。自信がなければ変な技巧を使わずにストレートにストロボを向けて撮りましょう。それだけで記念写真としては十分な写真を撮ることができます。


    以上、こうしたことを守るだけで、驚くほどスナップ撮影を上達させることができるのではないかと思います。結婚式のスナップ撮影は、作品撮りではありません。間違った技巧を使うくらいならば、完全なシロウトが携帯で撮った写真の方が目的を達していることも往々にしてあるのです。技巧に走りたくなるのは、少し上手くなった頃に陥りやすいワナです。目的を達するために必要なことは何かを忘れずに撮影にのぞみましょう!





    JUGEMテーマ:写真
    comments(0), trackbacks(0), - -
    人気ブログランキング 風景・自然写真へ

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村

    Comment.
    Add a comment.
    name:

    email:

    url:



    Trackback.
    url:
    New Entry.
    Category.
    Archives.
    Comment.

    pho10.comトップページに戻る
    ブログ内を検索
    プロフィール
    落合勝博(おちあいかつひろ)
     ー 横浜市在住のアマチュア風景写真家
    カレンダー
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    最新のブログに移動
    新着写真(壁紙)
    (解説付き)これだけあれば何でも写せる!
    お約束 (^_^;) amazonからの関連CM
    このブログの過去記事
    その他
    無料ブログ作成サービス JUGEM