写真のツール | 風景写真家 落合勝博 ゆるブログ
イルミネーション撮影に便利なクロスフィルター
category: 写真のツール
0
    この年末は、愛知から横浜に帰ってきて、色々と所用を済ませた(放り投げた?)後、珍しく市街地である札幌市内にホテルを取って、札幌の夜景を写していました。

    出発当日の朝、まだ準備が済んでいなかったので、慌ただしくカメラやフィルターをデイバッグに放り込んでいる時に、ふと気付きました。そういえば、最近メインで使っているTAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO(フィルター径67mm)も、Canon EF16-35mm F2.8L II USM(フィルター径82mm)も、そのサイズ用のクロスフィルターを持ってないな、と。で、慌てて通りすがりのヨドバシカメラで、それぞれ用のフィルターを調達してから飛行機に乗ったのでした。こういうことができるのがお店の多い横浜の強み。

    さて、本題。
    クロスフィルターとは、強い光源の周りに強制的に光条線を発生させるフィルターのことで、手軽に入手でき使いやすいものは3種類あります。違いは光条線の本数で、4本、6本、8本す。

    最もポピュラーなのはスタークロスと呼ばれる4本のもの(↓)。



    次が、スノークロスと呼ばれる雪の結晶のような6本のもの(↓)。



    最後が、サニークロスと呼ばれる太陽光のような光条線になる8本のもの(↓)。



    単に数が多ければいいというわけではなくて、そこは、撮影者がどういう光の演出をしたいか、という意図次第。本数が多くなると華やかさは増すのですが、強い光源が多い場合には画面がうるさくなる、というデメリットもあるので。

    今回の撮影で僕が買って持って行ったのは、6本のスノークロス。今までは4本のスタークロスしか使っていなかったのと、雪の夜景撮影だからもじってスノーでいいか(笑)、と。

    で、こんなものを撮影してみました。
    一つは、テレビ塔からの大通公園。

    札幌、テレビ塔、展望台、大通公園、夜景

    もう一つは、時計台。

    札幌、時計台、夜景

    実は、北海道庁旧本庁舎も撮影してみましたが、どうしてもクロスフィルターが合わない風景でした(笑)。
    被写体により、向き/不向きがあるのはレンズと一緒ですね。
    ちなみに、クロスフィルターを使う状況というのは、光量を増して華やかな画面を構成したい時なので、光量を減らすPLフィルターなどとの重ねがけはあまり推奨しません。

    なお、壁紙コーナーにもアップしたので、もう少し大きな画像で効果を見てみたい、という方はそちらをどうぞ。

    JUGEMテーマ:写真
    comments(0), trackbacks(0), - -
    人気ブログランキング 風景・自然写真へ

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村

    バッテリーの模倣品を掴まされた(@_@)
    category: 写真のツール
    0
      今を遡ること3ヶ月前。
      大量に保有してるカメラ用のバッテリーの劣化が進んでいることに気付き、ネットで安めな純正の並行輸入品を買ってみました。物は、CanonのLP-E6。

      それで、前のCanon EOS 5D mark IIでは問題なく動いていたんです。

      それが、新たに買った6Dのバッテリーを充電してる間、入れ替えてみたら、、、「通信できません。このまま使いますか?」的なメッセージがカメラに出たのでした。バッテリーは純正だし、初期不良かな?と思い、次々とバッテリーを入れ替えてみると、、、なんとこの前買ったバッテリー5個が全滅。
      おかしいな?と思ってネットで調べていたら、Canonのホームページに模倣品情報が。

      http://cweb.canon.jp/e-support/info/battery-anno.html

      これを見ると、微妙に裏面は違いますが、確かに表面はなんだか怪しい文字。
      ニセモノを掴まされた!ことにやっと気付きました。

      他にも充電器などのニセモノが流通しているみたいなので、ネットで安いものを買う時は、信頼できるところから買いましょうね。幸い、最近は楽天にしろAmazon にしろ、救済制度が整備されてきたので、時間がかかることを除けば安心ですけど。

      実は、昔、品薄なEOS 1D mark IIIを楽天で買った時に前払いで詐欺にあったことがあって、しかも結構な人数が詐欺にあっていたことが分かり、皆で被害報告を掲示板に持ち寄って全体が判明した次第。その時、楽天では初めて救済制度ができたんですよ。(^_^;)
      その時はまだ制度がなかったものだから、楽天の対応が右往左往して、こちらも付き合うのに大変でした。内容証明郵便を出したり、詐欺被害を警察に届け出たり。ちなみに詐欺被害届はなかなか警察で受理されません。民事との境界線なので、どうするか迷うようですよ。

      皆様もお気をつけ下さい。

      ---- 12/29追記 ----

      Amazonでクレームつけたら、早くも返金処理されました。
      ヤレヤレ。(^_^;)

      JUGEMテーマ:写真
      comments(0), trackbacks(0), - -
      人気ブログランキング 風景・自然写真へ

      にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
      にほんブログ村

      徹底画質比較!Canon EOS 6D vs 5D mark II
      category: 写真のツール
      0
        豊田市での3ヶ月の生活を終え、やっと横浜に帰ってきました!(^^)/
        あっちはあっちで撮影環境として充実していたので、横浜に帰ってきたからバンザイ!とか、そういうのはないのですが(笑)、とりあえず、ポチッと買っておいた2台のEOS 6Dと初対面を済ませることができました。

        というわけで、まずは僕が現役で使用中のEOS 5D mark IIと、新顔のEOS 6Dの画質比較をしてみましたので、判明した範囲でレビューします。昼間の撮影なんて、どんな機種でも似たようなものなので、最も性能差が顕著に出る夜間の撮影比較です。手持ち派の人には参考にならないかもねー(^_^;)

        ★画角の比較 - EOS 6Dってホントにフルサイズ?

        実はスペックを見ていて、EOS 6Dで最も気になっていたのが、センサーサイズがわずかに小さくなっていることなんです。

        Canonの公表値では以下の通り。

        5D mark II- 約36×24mm
        6D - 約35.8×23.9mm

        これって、ひょっとして、フルサイズじゃないんじゃないの?と疑念が、、、。
        というわけで、6Dでの最初の撮影は、センサーサイズの変更による画角への影響調査から始まったのでした。なんともマニアックな比較でスタート。

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        これが5D mark IIで撮った画像(ISO100/クリックで拡大-ただし若干圧縮してます)

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        これが6Dで撮った画像(ISO100/クリックで拡大-ただし若干圧縮してます)

        基本的に左端がだいたい合うように設置して撮影しました。というわけで、右端がどのくらいかを見て欲しいのです。マンションの壁のブロック一列分が6Dにはないのが分かるでしょうか?
        恐れていた通り画角が狭まっています。実測で、その差は0.3〜0.5%ぐらいかな。センサーサイズの違いほど画角に影響は出ていないようですが、狭いことは狭い。
        これ、実はズームレンズの望遠端を多用する人は気づくことすらないと思います。
        ところが、EF16-35mmで、しばしば16mm広角端を使う僕からすると、この差は、今後、微妙に影響する可能性ありと思わざるをえない結果。広角ではほんのちょっとの焦点距離差がめちゃくちゃ写真に出ちゃうので。う〜ん、ちょっと困るな〜。(>_<)
        あえて良い方に考えれば、レンズ周辺部は歪みが大きいわけだから、その影響を受けにくくなるのはいいね、と言えなくもないけれど、、、。それと望遠好きな人は若干望遠側にいっているので嬉しい、、、か?(汗)

        ★高感度ノイズの比較 - たいして変わってない??

        さて、次は6Dのうたい文句、高感度撮影にいってみましょうか。

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        これが5D mark IIで撮った画像(ISO1600,高感度ノイズリダクションOFF/クリックで拡大-ただし若干圧縮してます)

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        これが6Dで撮った画像(ISO1600,高感度ノイズリダクションOFF/クリックで拡大-ただし若干圧縮してます)

        ノイズ比較のためにそれぞれ部分拡大しておきますね(上が5D mark II、下が6D)。

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        こうして見てみると、EOS 6Dのカラーノイズの数は5D mark IIと変わりません。
        とはいえ、ノイズパターンがより細かくなっているのが見てとれます。このことにより「ノイズがあるようには見えにくい」と言えるでしょう。おそらくこれが「ノイズが少ない」という評判を取っている原因でしょうね。5D mark IIのノイズパターンは粗いので、Photoshopなど市販ツールでノイズ軽減する時も少し残ってしまうのですが、この点、6Dのノイズパターンは細かいので、以前よりもツールで消しやすい可能性があります。このくらいでは違わない、とも言えますが。

        ちなみに6Dで高感度ノイズリダクションをONにしたらノイズ感が変わるのかと言うと。

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        これが6Dで撮った画像(ISO1600,高感度ノイズリダクションON/クリックで拡大-ただし若干圧縮してます)

        ノイズ比較のために部分拡大しておきます。

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        正直、NR ONでもOFFでも変わらないじゃん、、、。

        というわけで、もうちょっと厳しいISOにしてみることに。次はISO6400での比較ね。

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        これが5D mark IIで撮った画像(ISO6400,高感度ノイズリダクションOFF/クリックで拡大-ただし若干圧縮してます)

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        これが6Dで撮った画像(ISO6400,高感度ノイズリダクションOFF/クリックで拡大-ただし若干圧縮してます)

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        これが6Dで撮った画像(ISO6400,高感度ノイズリダクションON/クリックで拡大-ただし若干圧縮してます)

        拡大比較すると(上から、5D mark II NRoff、6D NRoff、6D NRonね)。

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        やっと6Dの優位性が見えてきましたね。
        5D mark IIでは潰れていたマンションの壁のブロックが、6Dではちゃんと解像して見えています。
        ただし、高感度ノイズリダクションはやっても大差ない、と。(^_^;)

        この辺から見えてくることは、通常、星景写真で使う範囲、例えばISO800や1600くらいまででは、6Dが明らかに優位と言えるほどの進化はしていない、ということです。そして、ISO6400なんて設定で普通三脚を使って写さないし、写したとしても、そして5D mark IIより多少解像するからといって、このノイズ感では、「僕は」使うことはないでしょう。僕だったら、この状況、ISOを上げることよりも、まずF値を落とすことから検討を始めちゃいます。

        本格撮影する前にちゃんと検証しておいてヨカッタ、、、。機材を信用できないと能力を引き出す「イイ撮影」はできないのですが、過信してもダメで、正確にその能力を把握して撮影方法に反映する必要があるのです。デジタルカメラはまだ性能が進化中ですからね。

        ★色の特徴 - 5D mark IIより緑っぽい

        上の方で拡大写真を見た人は分かると思いますが、全体的に緑っぽい印象を受けました。現像の時は、やや赤めに現像するとイイ感じに打ち消せるかも。
        緑がかっているということは、赤いカラーノイズが目立たない、ということでもあります。これも高感度撮影に強い、と噂されている理由の一つかもね。実際には代わりに緑のノイズが増えるだけなんだけれど、赤よりは目立たないからね、、、。

        ★フレアに「とっても」強いぜ!

        今回、僕的にとっても驚いたのは、フレア耐性です。

        拡大した2枚を並べてみます。上が5D mark II、下が6D。

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        6D レビュー 画質比較 5d mark II

        スゲー!消えてる!!!

        逆光に弱いというのがセンサー素子という仕組みを導入したデジタルカメラ(のボディ)の弱点の一つなのですが、逆光条件で写す機会の多い僕にとって、この点はとっても高評価!カメラ本体でここまで劇的に変化するって本当に凄い!!(^^)/

        以下は画質から離れて、新機能とか操作性などの感想ね。

        ★AF性能 - ローライト条件でもピントが迷いにくい

        部屋の照明を暗くして写してみました。
        噂通り、ちゃんとAFが合焦しました。夜景で手持ち撮影する人はいいかもね。
        僕はライブビューでマニュアルでピントを合わせるから、関係ないのだけれど。

        ★ボタン配置 - メリット、デメリットで相殺される感じ

        慣れれば多分違和感がなくなると思うのですが、左にあったものが上に行ったり、右に行ったり。
        そして、ライブビューやプレビューの時の拡大操作が「拡大ボタン」によって行われることは、かなり違和感。
        その代わり、最初に拡大する倍率を指定できるので、最初から10倍で表示することも可能。ここは良い点。

        ★デジタル水準器 - かなりシビアに出してくれる

        INFOボタンで出てくるデジタル水準器は、なかなか使えます。
        心配だったのが精度だったのですが、アナログの水準器では気付かないようなわずかな傾きでも「傾いてるよ!」って分かります。風景写真的にはだいたいいいのだけれど、逆にここに神経質になってしまうと構図を作るのが遅くなるので、まぁ、人によって評価が分かれるかも。僕はこのシビアさ、好きです。

        ★GPS - どのくらい衛星を拾えるかは今後継続評価

        GPSのON/OFF、そしてその位置情報をデータ付加するか否かはメニューから簡単に選べるので使い方は簡単。
        問題は生い茂った木々の間でどのくらい強力に衛星を捕捉できるかですが、これは、実際にそうした場所に行ってみないと分かりません。ということで、こちらは継続評価とさせてください。

        ★シャッター音

        なんかすごく静かになりました。ポートレートとかで使う人はシャッター音でノリも変わるので、ちょっとモノ足りないかも(笑)。風景写真では関係ないですけれど。むしろシャッターの反動でブレにくくなっている可能性があり、200mmくらいの中望遠レンズや100mmマクロレンズを使い、1/20s程度のスローシャッターを切る時に(ジッツォのようなねじれに強い構造の三脚を使っていない人=Velbonとかには)有利かも。

        ★重量と質感

        130gの軽量化がされているわけで、そこは持って分かるほどの違い。常に2台を持って歩く僕にとっては合計260gも軽量化されるので体力的に違いが出そう。
        ただし、レンズの重さに負けてレンズ側が大きく下に傾くので、持ち歩く時にはちょっとバランスが悪いかな。これは仕方ないことなのだけれど、、、。
        そして、質感も確かに5D mark IIの方があるし、そういう意味では、カメラやってるぜ!的な感じは、5D mark IIの方があったかも。持った時の感覚はKISSに近いです。

        ★EVレンジ - 拡大されて絞り優先時の調整が楽に

        これまで、絞り優先モードでの撮影時に、逆光条件下では、しばしばEV-2とか逆にEV+2とかまで使い切って、せれでも足りない時はマニュアルモードに変更して撮影していました。6DではEVレンジが±3まで拡大されているので、この手間が少し軽減されそうです。こういう細かい改良は好感が持てますね。

        以上のように、風景写真撮影のためのカメラとして見ると、画質面で凄く変わったわけではないし画角では不満があるのですが、フレアに強い&水準器とGPS内蔵という面もあり、この値段ですからね。総合的に考えて、お得なカメラ、と言えるでしょう。特に逆光に強いカメラ、というのは僕には頼もしいと思えました。フルサイズに新たに踏み込もうという人にはいいんじゃないかな?

        ---- 12/28追記 ----
        今、札幌で使っていて、色々見えてきたことがあるので、さらに。
        まず、最悪なのがホワイトバランスを簡単に変えられないこと。メニューボタンからホワイトバランスを選ばないと変更できません。5D Mark IIでは、ライブビューでホワイトバランスの変更の影響を確認できましたが、6Dでは、それがとても面倒です。僕は、基本は太陽光なのですが、日がささない状況では、結構遊んでみるので、これは大きな減点要素。今日は夜景を写していてこの問題に直面しました。

        もうひとつ僕にとってマイナスなのが、ライブビューの時の露出決定方法の変更。5D mark IIでは、ライブビューで拡大しようとしている範囲指定のボックスが測光範囲でした。これが、6Dでは、範囲指定とは無関係に表示範囲全部を常に測光対象とします。


        もうひとつはいいことですが、僕の愛用しているSONYのGPSは必要以上に強力に衛星を捕捉してくれますが、この6D搭載のGPSはほぼ同等の性能を示しました。GPS性能はかなり優秀だと言っていいでしょう。

        これらの追加評価結果を元に考えてみるに、このカメラはホワイトバランスなんてカメラ任せでいいじゃん的な人がフルサイズを初めて買うか、どんな色温度でどのシチュエーションで撮るかを確定しちゃってるほど色温度をよく理解してる人の買い換えようにはいいかも、というもの。これから色々やってみたい人は、6Dよりも、やっぱり5D mark IIIの方がいいかも。
        次のファームウェアアップデートで、ホワイトバランス操作方法を変えてくれないかな、、、。





        JUGEMテーマ:写真
        comments(7), trackbacks(0), - -
        人気ブログランキング 風景・自然写真へ

        にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
        にほんブログ村

        壊れた三脚を自分で修理してみた
        category: 写真のツール
        0
          数ヶ月前からちょっとおかしいなと思っていた僕のジッツォ。
          ついに撮影中に脚がポロッと抜けてしまい、ビックリ!(汗)

          壊れた三脚の脚を自分で修理、脚が抜けた、ねじ山、ジッツォ、GITZO

          抜けた時は、ねじ山が完全につぶれてしまっていて、これは修理依頼か新規購入かの二択かな?と観念していました。が、ダメ元で自分で修理してみるか!と思い立ち、100均でボンドを買ってみました。
          買ったのは「コニシのG17」。



          子供の頃から工作によく使ってきていて、その粘着力の強さと、あらゆる素材に適応する応用の広さで、僕にとっては最も信用のおけるボンドの一つ。瞬間接着剤は便利ですが、乾いた後の粘着力は、僕の感覚ではこっちの方がはるかに強いです。あれだけ宣伝しているので素材によるのだろうとは思いたいところですが、、、。
          それで、100均で買おうと思ったボンドの中にコレがあって、ちょっと喜んじゃいました。
          これならイケるんじゃないかと。

          ねじ山が磨耗しているので、ただ塗っただけでは薄すぎて隙間ができてしまいます。
          それで、少し考えてみた後、時間をかけて重ね塗りをすることにしました。

          まずは、普通に塗って、それで脚を差し込んで、1日置きます。
          この段階では、隙間があるので、簡単に抜き取れました。
          それで抜いた後に、また塗って差し込みます。
          で、さらに1日経って、まだ抜ける感じだったので、
          ここでさらに重ね塗り。
          次はそろそろ本番なので完全に乾くまで2日放置。

          思ったとおり、今や、完全に固定されました。
          この前の輪島行きでも使用しましたが、問題なく以前の性能に戻っていました。
          ヨカッタ、ヨカッタ。一安心。(^^)/

          JUGEMテーマ:写真
          comments(0), trackbacks(0), - -
          人気ブログランキング 風景・自然写真へ

          にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
          にほんブログ村

          旅行中の安価な防湿対策
          category: 写真のツール
          0
            さて。今回の愛知暮らしは期限がある話なので、いずれ横浜に帰ることになります。

            そこで来る前に困ったのが、カメラとレンズの防湿対策。

            基本的には以前の記事「梅雨時のカメラ・レンズの保管方法」に書いたように、防湿庫やドライボックスを使うのが良いわけです。
            しかし、今回は、ドライボックスを買ってしまうと家に戻ってからが邪魔なので、、、ない知恵を絞ってみたところ、良い方法を思いつきました。

            それは、、、

            旅先の臨時の防湿対策

            ジップロックにシリカゲルを入れるというもの。
            いや、水中カメラのハウジングをながめていて思いついたのですが、ハウジングには曇り止めのためにカメラと一緒にシリカゲル1gを入れておくんです。それで同じ発想でいけるだろうと。

            海苔の缶がある人は、それでもいいですけど。

            問題は、適度な湿度が維持される保証が全くないこと。乾燥しすぎてしまうかもしれません。
            でもでも、価格は、最も安い方法で一時的な保管には良さそう。かさばらないしね。
            この方法だったら、湿度が気になる長い旅行にも持っていけますね。



            comments(4), trackbacks(0), - -
            人気ブログランキング 風景・自然写真へ

            にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
            にほんブログ村

            New Entry.
            Category.
            Archives.
            Comment.

            pho10.comトップページに戻る
            ブログ内を検索
            プロフィール
            落合勝博(おちあいかつひろ)
             ー 横浜市在住のアマチュア風景写真家
            カレンダー
            SMTWTFS
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            最新のブログに移動
            新着写真(壁紙)
            (解説付き)これだけあれば何でも写せる!
            お約束 (^_^;) amazonからの関連CM
            このブログの過去記事
            その他
            無料ブログ作成サービス JUGEM