撮影手記 | 風景写真家 落合勝博 ゆるブログ
霧ヶ峰にニッコウキスゲを撮りに行ったが、、、蓼科大滝の方が良かった件
category: 撮影手記
0
    記事を書くのはホントに久しぶりです。

    実は5月に屋久島に行ったのでその記事も書きたかったのですが、たくさんありすぎて現像が進んでいなくてですね、、、簡単な方の最近のレポートをして現実逃避してみます。

    そろそろ何かを撮りに行きたくなったもので、この時期なら長野県の霧ヶ峰でニッコウキスゲかなーと、全く事前情報を集めずにテキトーに7/19に行ってみました。霧ヶ峰のニッコウキスゲはちゃんと写したことがなかったんですよね。ちなみに霧ヶ峰は↓ここね。

    大きな地図で見る

    大きな駐車場とトイレがあって安心して行けます。ただし、、、シーズンは人混みがそれなりなので、早朝に行ってください。私は朝4時過ぎに家を出て、8時30分頃着。

    長野県、霧ヶ峰、鹿、食害、対策、落合勝博駐車場に車を停めたら目の前の「満開」のニッコウキスゲを撮影開始!
    と息こんだものの、鹿対策の電気柵が張り巡らされていて、なんかすごーく残念な風景になっています。動物園の檻の中の動物を見ているような気分に、テンションがだだ下がり↓最近、鹿による食害が全国的にひどくて困りますね。この檻もとい電気柵を設置してから、柵の内外ではニッコウキスゲの生育には天地ほどの差があるのだとか。実際、柵の外には、1輪、2輪咲いている程度しかありません。なんでも鹿さんの好物なのだとか、、、その辺の害のない雑草を好きになっていただくわけにはいかないのかなー。


    長野県、霧ヶ峰、ニッコウキスゲ、落合勝博と、嘆いていても仕方ないので、ちょっと撮影してすぐに撤退。帰宅後にTVを見ていたら、この近くの別の場所では柵越しでなくても撮影できる場所があるではありませんか。なんと!(汗)


    気を取り直して、次に向かったのが、この近くにある蓼科高原の蓼科大滝。こちらも初撮影です。

    長野県、蓼科大滝、入口看板入口付近に小型車が6、7台くらいは停められる駐車スペースがありました。トイレはなし。入口に看板があります。


    長野県、蓼科大滝、渓流ちょっと進むと、よさげな川が姿を現しました!なかなか良い渓流ですね。私が去る頃には釣り人も来ていましたよ。


    長野県、蓼科大滝、原生林、苔この滝(この記事ではまだその滝が出て来ませんね)は結構気にいったのですが、その理由の一つが、この苔むした原生林です。滝までわずか10分なのですが、その間にこんなに立派な原生林に出会えるとは思いませんでした。これはめっけもん!ですね


    長野県、蓼科大滝、原生林、落合勝博足下には小さな植物のミラクルワールドが広がっています。広角も望遠もマクロも全部使える場所です。ただ、それだけに撮影の際には一歩踏み込みたい衝動をぐっとこらえて、苔を傷つけないように撮影ポジションに気を遣う場所でもあります。


    長野県、蓼科大滝、渓流、落合勝博で、そんな原生林に後ろ髪をひかれながら前に進むと、いよいよ最後に「大滝」が姿を現します。清涼な空気が漂う素晴らしい滝ですね。ただ、比較的上空が開けた滝なのでトップライトでは飛沫が白く飛んでしまって撮影になりません。お出かけの際は曇天か早朝が良いと思います。


    帰りは温泉に入り疲れを癒して帰って来ました。
    長野ルートは温泉に困らないので良いですね。
    ちなみに、長野のお土産は、毎回、野沢菜を買って帰ります。

    以上、久しぶりの撮影手記、終わり。

    JUGEMテーマ:写真
    comments(4), trackbacks(0), - -
    人気ブログランキング 風景・自然写真へ

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村

    セントレアのクリスマスイルミ
    category: 撮影手記
    0
      もう12月も半分が過ぎて、今年もクリスマスシーズンに突入という感じですね。
      ここ豊田市でも、市内のあちこちにイルミが輝いています。

      というわけで(?)、セントレア(中部国際空港)のクリスマスイルミネーションを撮影に行ってみました。
      とりあえず、セントレアには一度行ってみたかったのと、ちょうど12/25(火)まで「セントレアあったかクリスマス2012」を開催中ということで。

      駐車場に車を停めて、屋上に急ぎます。
      延々と空港内を歩いて辿り着くと。

      中部国際空港,セントレア,クリスマスイルミネーション

      寒風吹きすさぶ中、屋上には、こんな感じの風景が広がっていました。
      セントレアのHPには、この上から写した写真が掲載されていますが、アレは屋根から写しているようで、我々はあの角度では写せません(多分)。

      左右のハートは、二人で同時にボタンを押すと両方同時に点くよ、という触れ込み。ぜひカップルで出かけてね、ということなのですが、一人でも余裕で押せてしまいました(笑)

      残念ながら他にはめぼしいものはないので、撮影のためにわざわざ出かけるというよりは、デートのついでにどうぞ、という感じ。お客さんも少ない少ない。そういうわけで、この現場は5分で立ち去りました。(^_^;

      そろそろ引越しの準備を始めたので、この記事あたりが、豊田から書く最後かな。
      最後の日までに、もう一本、書けるかな〜?

      ではまた。

      ---- 追記 ----
      今さら気づきましたが、二人で完全同時に押すと、左右のハートの真ん中にさらに大きなハートが灯るみたい、、、。
      しまった!、、、ま、いっか(笑)

      JUGEMテーマ:国内小旅行
      comments(2), trackbacks(0), - -
      人気ブログランキング 風景・自然写真へ

      にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
      にほんブログ村

      天橋立三景
      category: 撮影手記
      0
        今から2週間前、「紅葉の京都を南に北に!舞鶴の金剛院を目指す旅」では、最終目的地の金剛院を撮影した後、まだ時間も早かったので、「(主に)福井県・若狭湾に行ってみた」で若干消化不良気味の「天橋立(京都府)」を再度、訪問してみたのでした。

        早かった、とはいえ、金剛院を出たのがだいたい2時くらい(?)
        次の目的地には結構遅めの時間でした(汗

        さて、天橋立の有名観光ポイントは、Wikiによれば4つあり。

        1.斜め一文字:北側の傘松公園からの天橋立の眺め。名前のとおり斜め一文字に見える景観からその名がついた。
        2.飛龍観:文珠山の山頂にある天橋立ビューランドから見る南側からの眺め。龍が天に登る姿に見えることからその名前がついた。
        3.一字観:西側の大内峠一字観公園からの天橋立の眺め。天橋立が横一文字に見える景観からそのように呼ばれている。
        4.雪舟観:東側からの天橋立の眺め。左に掲げた雪舟筆「天橋立図」が描かれたことが由来である。

        前回の若狭湾では、4の雪舟観を見たのでした。
        ちなみに、雪舟観の時の天橋立をおさらいね。

        天橋立、雪舟観

        こんな感じで、とっても分かりづらい景観でした。

        ちなみに場所はこの辺(矢印の場所)。


        大きな地図で見る


        そして、今回は1の斜め一文字(笠松公園)と、2.飛龍観(天橋立ビューランド)を訪れたのでした。

        斜め一文字(笠松公園)はここね(矢印の場所)。


        大きな地図で見る


        一見、自家用車で来られるかも?と勘違いしてしまいそうになりますが、この道路はバス用なので、自家用車は、ふもとからケーブルカーかリフトで来ることになります。車は山麓にあるおみやげ屋さんに停めましょう。お土産を買えばタダで停められますよ。ちなみにおみやげは丹後の黒豆を使ったお菓子がオススメです。

        さて、小雨降る中、急ぐのでリフトで上ってみました。

        天橋立、斜め一文字、笠松公園

        雨で午後遅い時間だったのでかなり暗かったのですが、予想外に紅葉していたので、案外、ちゃんと写真になりました。
        ただ、驚きは、この後にあり、、、。
        僕は、いつもどこで写したのかを記録しておくためにGPSロガーも持っていますが、それとは別に、ちゃんと看板やカーナビ画面を写しています。それで、ここでも写したのですが、、、。

        天橋立、斜め一文字、笠松公園、股のぞき

        なんと!衝撃!!のミニスカでの股のぞき!なんと大胆な!!!←完全におっさんモード(^_^;

        まぁ、それはともかく(笑)、だいぶ暗くなってしまっていたので、急いで次の天橋立ビューランドに。
        場所はここ(しつこいけれど矢印の場所ね)。


        大きな地図で見る


        ここもリフトかケーブルカーで上ります。
        車は山麓の駐車場(有料)に停めますが、少し台数が少ないので、混んでいる時間に来る場合は、少し離れていても目の前に見えた駐車場に停めてしまった方がいいでしょうね。

        さて、その飛龍観からの眺めは、、、。

        天橋立、飛龍観、天橋立ビューランド、文殊山

        もう、ぎりっぎり!の入場時間だったので(だって大丈夫ですか?って窓口のおねーさんに確認したぐらいだもの)、すでに長秒露光の時間になってしまいました。微妙に灯りがともり始めてます。

        それでも、さきほどの斜め一文字では「衝撃」のためにやりそこなった「股のぞき」をやってみました。

        天橋立、飛龍観、天橋立ビューランド、文殊山,

        隣のカップルは面白いと言っていましたが、まぁ、写真に撮るとこんなものです。(^_^;

        こんな感じで、前回行けなかった所からも見てみましたが、、、Wikiによれば4つあるんですよね(汗
        実は、一字観は、その時は知らなかったんです。
        まぁ、また訪れる楽しみができた、ということにして(笑)
        次はいつになるか分かりませんが、絶対!晴れている日中に行きます!(^^)/





        JUGEMテーマ:国内小旅行
        comments(0), trackbacks(0), - -
        人気ブログランキング 風景・自然写真へ

        にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
        にほんブログ村

        工場萌えの聖地?四日市の夜景を撮ってみた
        category: 撮影手記
        0
          昨日アップした「秋の名古屋城」の裏番組として、四日市市の工場萌えの定番撮影スポットに行ってみました。

          名古屋に近かった方から、まずは第3コンビナート。矢印の場所ね。


          大きな地図で見る


          三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第3コンビナート

          で、そのアップを何枚か。

          三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第3コンビナート

          三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第3コンビナート

          三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第3コンビナート

          「さみぃー!」と心の中で叫びながら、四日市ドーム側からの撮影。
          この日は、結婚式の1.5次会参加で「おしゃれな格好で来い!」との指令があり、スラックスにジャケットという格好だったのですが、失敗だったのが車で来たのでコートを忘れたことに気づかなくて。しかもこんな日に限ってものすごく寒い!翌日の朝は田んぼの水が凍っていたくらい夜に冷え込んでいたんですよ。(T_T)
          とはいえ、そこはそれ。カメラを手にすると、いつまででも撮れちゃうのが風景写真家という種族(笑)。多分、生まれた時に、ネジが2、3本抜けちゃってるんじゃないかな(^_^;
          救いは、色々入っていて面倒だからそのまま持ってきていたカメラマン用ベストの中に撮影用グローブが入っていたこと。ちょっぴり助かりました。

          次は、第2コンビナート(コスモ石油四日市製油所)。矢印の場所ね。


          大きな地図で見る


          三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第2コンビナート

          三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第2コンビナート

          ここは、三滝川を挟んで反対側の岸辺から。
          被写体がデカイ場合、あまり近くから写すと下から見上げる形になるため、画面上方がすぼまってしまうので、適度に離れてすぼまない距離から撮るのがいいのです。
          とはいえ、この上の全景写真は、それでもすぼんでしまったので、Photoshopでゆがみを補正しました。FF7的で、なんかカッコイイですね。工場萌えの人達の気持ちが少し分かります。

          最後は第1コンビナート(昭和四日市石油)。しつこいけれど(笑)矢印の場所ね。


          大きな地図で見る


          三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第1コンビナート

          三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第1コンビナート

          三重県四日市市、工場萌え、夜景、撮影地、第1コンビナート

          ここは鈴鹿川の土手に上がって撮りました。

          撮影が終わったのが23時半頃。
          そこから1時間くらいかけて高速で豊田市まで戻りましたが、、、少しうとうとしてしまい、壁に激突しそうになって慌ててハンドルを戻すこと2回、少しよろけたこと3回、、、。正直、よく生きて帰ってこられたな、というのが自分の感想。そんな反省で翌日の撮影計画は白紙にして車を返してしまいました。寝不足でさらに運転するのは危険ですから。
          あまり遅くまで撮影すると帰りが危険ですね。いつもは夜景は基本的に車中泊か電車帰りでしか撮影しないもので気にしていませんでした。皆さんも居眠り運転には気をつけてください!





          JUGEMテーマ:国内小旅行
          comments(2), trackbacks(0), - -
          人気ブログランキング 風景・自然写真へ

          にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
          にほんブログ村

          秋の名古屋城
          category: 撮影手記
          0
            このブログを読んでいる人の大部分には無関係だと思いますが、、、写真SNSのクリピー時代の友人の、RedLilyさんとぼくちんさんが、やっと(笑)結婚するということで、1.5次会に参加してきました。

            その前座として(?)、目の前の名古屋城を撮影してみました。
            堀の外からは樹木や石垣が邪魔で写せる角度がかなり限られるので、あきらめて入場料を払って中に入ってみました。

            中に入ってみると、どこからでも天守閣が見られました。

            愛知県名古屋市、名古屋城、2012年

            、、、というか、天守閣以外、なんにもないんですが(笑)。

            堀沿いにある紅葉は見事でしたが、天守閣とはからめづらかったので、イチョウと柿で秋らしいイメージを。

            愛知県名古屋市、名古屋城、2012年、紅葉

            愛知県名古屋市、名古屋城、2012年、鹿、堀

            そして修繕中の石垣のある堀の中になぜか2頭の鹿が(汗。
            たぶん、雑草を食べさせるためなんでしょうが、、、。

            愛知県名古屋市、名古屋城、2012年、チュウサギ、野鳥、堀

            そして、水が張られた堀には、チュウサギが。
            他にも白鳥やカモ類がたくさんいました。
            バードウォッチングにもいい場所ですね(^^。

            、、、もちろん、この日はこれで終わるわけはなく。
            1.5次会で楽しそうだった新郎新婦をひとしきり撮影した後は、名古屋と四日市の工場萌えの夜景撮影に旅立ったのでした。おかげで、お酒を飲めなくて、地獄でしたが。お酒のない披露宴がこんなに楽しくないものだったとは!(^_^;

            その夜景の様子は、(気力が回復すれば)また明日にでもアップしますのでお楽しみに!
            さて、昨日飲めなかった分もこれから飲むつもりなので、、、ではでは。(^^)/
            comments(0), trackbacks(0), - -
            人気ブログランキング 風景・自然写真へ

            にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
            にほんブログ村

            New Entry.
            Category.
            Archives.
            Comment.

            pho10.comトップページに戻る
            ブログ内を検索
            プロフィール
            落合勝博(おちあいかつひろ)
             ー 横浜市在住のアマチュア風景写真家
            カレンダー
            SMTWTFS
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            最新のブログに移動
            新着写真(壁紙)
            (解説付き)これだけあれば何でも写せる!
            お約束 (^_^;) amazonからの関連CM
            このブログの過去記事
            その他
            無料ブログ作成サービス JUGEM