旅行ガイド | 風景写真家 落合勝博 ゆるブログ
ハワイ#2 雪積もる山
category: 旅行ガイド
0
    さて、前回ハワイ#1 星空の聖地で見た星空は、聖地マウナケア山の中腹であったことは既にお伝えした通りです。今回は、そのマウナケア山についてのご紹介です。

    前回もお話しましたが、マウナケア山は標高4200mもある、とっても大きな山です。海底からだとなんと1万mもあるそうです。その高さは世界一です。あまりに重いため、自重で少しずつ沈下を続けているそうです。標高4200mもあると酸素は海抜0mの場所に比べてたったの4割しかありません。とっても息があがります。高山病の心配を真剣に考えなければいけない場所なんです。そしてこれだけ高いと、暖かいハワイのイメージとはかけ離れているのですが、冬期には雪が降ります。

    ハワイ島、マウナケア山、聖光
    「聖光」雪は冬期のみの現象だが…「ハワイ」と「雪」の組み合わせにまず驚く


    山頂から海抜0mの海岸線を見下ろしています。何にも遮るものがないので、現実離れした遠近感のなさです。唯一現実に引き戻してくれるのは波打つ山肌の雪と雲海のみ。朝日が目に、もといレンズにしみます。:-p

    ハワイ島、マウナケア山、雪の女神
    「雪の女神」冬期のみと言ってもスキーができるほどの量の雪


    夜明けは、この山で一番のショーなのですが、あいにく、天文台の観測に影響が出るので、朝日に間に合う時間に山頂に上がって来れるのは許可された車両1台のみ。キャンセル待ちをして現地に行き、向こうで空きができてラッキーでした。1日10人限定の贅沢な時間です。そのかわり、夕方と朝とのダブルエントリーでしたので、寝る時間はほとんどありません。これがあの日から帰国まで連絡不通となった真の原因でした。さすがにネットをできるだけの時間や体力はありません。

    ハワイ島、マウナケア山、バスツアー私はハワイ島の北西部にあるワイコロア・ビーチに宿泊していました。ツアーはホテル送迎から始まります。夕方のコースだと昼間の景色を車窓越しに楽しむことができます。これは車中から流し撮りで。


    ハワイ島、マウナケア山、パーマー牧場、時には牧童のように
    「時には僕童のように」


    この日の山中は小雨まじりの霧の中を進むことになりました。ここはパーマー牧場という島で最大の牧場です。パーマー少年は元々船乗りだったのですが、当時のハワイ島に強く憧れ様々な障害を乗り越えて当時のカメハメハ大王に認められ島に残った希有な人生の英雄です。彼は世情に通じ様々な新しいことをこの島にもたらしたようです。この島に当時持ち込まれた牛の数は少なかったそうなのですが、いつのまにか野生化してたくさんになってしまったようです。それを大王がひらめいて、それならばその牛を飼って牧場を開けとパーマー君に持ちかけたそうです。船乗りだった彼は知識がなかったのでメキシコに渡りカウボーイをつれてきて、ついにパーマー牧場を開いたそうです。

    ハワイ島、マウナケア山、溶岩、大地の色空撮写真「溶岩の大地」で先にお見せした黒い大地の近景です。昔流れた溶岩が、そのままカチンコチンに固まって、この島を形成しています。ここは溶岩でできた島なんですよ。西部からマウナケアのある島の中央部にかけては溶岩が露出していて真っ黒です。降水量が極端に少ないのでほとんど植物が自生していないんです。


    ハワイ島、マウナケア山、天文台、威風堂々バスは、前回ハワイ#1 星空の聖地でご紹介したビジターセンターで休憩をはさみつつ、また山上へと向かって行きます。ここには日本の「すばる」を初め世界各国から13台の天文台が集まります。13台は現地の人と取り決めた最大数で、新しい天文台を作りたければ古いのを取り壊す必要があるそうです。夜空に浮かぶ天文台は幻想的です。


    ハワイ島、マウナケア山、夜明け天文台がかっこいいだなんて、この地に来るまで思いませんでした。新しい発見です。


    ハワイ島、マウナケア山、誇り
    「誇り」宇宙に向けたアンテナが並んでいるだけですが凄くかっこいい!


    宇宙の神秘はレンズだけで探るものではありません。アンテナも使うんです。それが集中するのがこのエリア。ひょっとしたら宇宙からの「Hello!」を最初にキャッチするのはこのアンテナのどれかかも。

    ハワイ島、マウナケア山、宇宙に一番近いアレ、トイレさて、観察の合間には、トイレにご案内いたします。:-p トイレは途中のビジターセンターを除けば、山頂にあるこの3基のみです。でもたいした人数が上がってくるわけではないので足りない、というほどのことにはなりません。お越しの際は、ぜひ宇宙に一番近いトイレを体験してからご帰国ください。私は…特にこれといって感じるものはありませんでした。少なくとも不快ではありませんでしたよ、感慨もなかったですが。:-p


    ハワイ島、マウナケア山、天上は想いに染まって
    「天上は想いに染まって」


    さて話を戻します。夕方は一番ビジターで混む時間です。夕方は朝とは違って合計18台の車両が上がって来れるからです。それなりににぎわいます。そのお目当てはこの夕日とその後のビジターセンター周辺での星空観察となっています。

    ハワイ島、マウナケア山、巨人の影夕日の時間には、後ろを向くと、こんな感じで雲海にマウナケアの影ができます。


    ハワイ島、マウナケア山、天空に浮かぶ島日が沈んでも少しの間は撮影を楽しめます。そんな薄明かりをスローシャッターで撮ってみたら雪と雲海に閉ざされた山頂の世界は島のように見えました。


    マウナケア編はこれで終わりです。この後は写真のアップが中断していた空撮編へと続く予定です。
    comments(1), trackbacks(0), - -
    人気ブログランキング 風景・自然写真へ

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村

    ハワイ#1 星空の聖地
    category: 旅行ガイド
    0
      行ってきました、ハワイ島。オアフじゃなくて。そしてツアーに申し込んで行ってきました、全ての天文ファン憧れの3大聖地「マウナケア山」。なんのため?それは…

      共鳴、ハワイ島、溶岩、天の川
      「共鳴」


      こ〜んな星空が見られる場所だからです!天文台13個がある場所は伊達じゃありません!この日は新月だったので、観察には絶好の日です。ラッキーでした。今見ているサイズだとちょっと小さくて星がよく見えませんね。画像をクリックして画面の右上にある「サイズを変える」→「ORIGINAL」で幅1600ピクセルの画像が見られるようになっています。気に入ったらデスクトップの壁紙にでも使ってください。また、あなたがどう感じたか、コメント/フェバフォト登録/拍手等で教えていただけると今後の創作の励みになります。ぜひフィードバックをお願いいたします!:-)
      なお、以下の「拡大可」作品群は全て幅1600ピクセルで公開しています。できれば大きな画面で雄大な世界をお楽しみください。

      本当は、山頂編からやった方が知らない人には分かりやすいと思うのですが、 とりあえず、どういう所か分かっていただくために、まずは、その世界各国が山頂付近に立てた数々の天文台からご覧いただきましょう!

      世界各国の天文台が並ぶハワイ島マウナケア山頂山頂には世界各国の天文台がずらっと並び、宇宙の神秘を追求しています。そちらからの眺めは、良い写真がたくさんありますので後日に別途ご披露いたしますが、まずはこんな感じの場所です。山頂は標高4200mほどあります。本当の山頂は現地の人の聖地です。法律的には立ち入り禁止ではないですが、常識のある人は絶対に足を踏み入れません。そんなわけで、本当の山頂とは100mぐらいずれた別の小高い所に天文台が建っています。まぁ、一般にはこちらを山頂と言っても差し支えないでしょう。


      ハワイ島マウナケア中腹にあるオニヅカ・ビジターセンターそして、その天文台の人達が生活しているのが、中腹にあるこの「オニヅカ・ビジターセンター」付近です。この辺の標高は2800mぐらいです。さすがに4200mではちょっとの移動にも息絶え絶えです。:-p だって、下の世界の4割しか酸素がないんですよ。ホントきついです。そこで、このあたりまで下ってきて生活しているんです。ビジターセンターもここにあります。「オニヅカ」って日本人の名前?と気づいた人は偉いです!日系人なのですが、スペースシャトルの墜落事故で亡くなった英雄です。その名をつけて彼の偉業を忘れないようにしているのです。


      ハワイ島マウナケア中腹にあるオニヅカ・ビジターセンタービジターセンターは、こんな山小屋です。トイレと売店と星のロードショー設備があります。売店には、おみやげ(と言っても結構ひどいので期待しないでください)と水やおかしを売っています。一般の車はここまでしか上がってくることはできません。この先は、観測に影響が出るため、許可を受けた限られた台数の車しか上がっていけないんです。朝は1台のみ。夕方は18台です。ということは…当然、朝のコースがおすすめなわけですね。時間がきついですけど。


      ハワイ島マウナケア中腹にあるオニヅカ・ビジターセンター周辺の風景、マウナロアちょっと高い所からビジターセンター(中心付近)を見下ろしたものです。噴火してできた溶岩の大地なので、凄い異形の景色ですね。雲海に頭を出しているのは、この山の兄弟である「マウナロア山」です。下がつながっています。ちなみに「マウナケア」は「白い山」という意味です。山頂は雪があるんですよ。スキーツアーもあるぐらいです。リフトはないので車で上がります。そして「マウナロア」は「長い山」という意味です。山頂がとってもなだらかですね。


      ハワイ島マウナケア中腹にあるオニヅカ・ビジターセンター周辺の風景、マウナロアビジターセンター近くの丘に登ってみました。絶景ですねぇ〜。開放感があります。ここはちょっと下ったと言っても湿度は10%ぐらいしかない結構過酷な場所です。土は溶岩です。でも、こんな所にも立派な花をつける植物が生きています。




      さて、お待たせいたしました!冒頭で披露した「共鳴」の続きの星空をまとめてご覧いただきましょう。残念ながら南十字星は時間が合わず撮れませんでした。orz。
      空が暗いのでわずかな光が空の色を変える
      空が暗いのでわずかな光が空の色を変える


      ビジターセンターは観測に影響を与えないため常時赤色灯を使う
      ビジターセンターは観測に影響を与えないため常時赤色灯を使う


      明るいオリオン座も星の多さに探すのが一苦労
      明るいオリオン座も星の多さに探すのが一苦労


      赤道に近いので北極星がはるか下の方に、ハワイ島
      赤道に近いので北極星がはるか下の方に


      天の川の見え方は日本の比ではない、ハワイ島
      天の川の見え方は日本の比ではない
      comments(0), trackbacks(0), - -
      人気ブログランキング 風景・自然写真へ

      にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
      にほんブログ村

      横浜・カウントダウン’08
      category: 旅行ガイド
      0
        横浜コスモワールドのカウントダウン・イベントに参加した模様をお伝えします。

        横浜コスモワールド・カウントダウン、2008年時間前の様子。遊具の軌跡がこのまま続くのかと思われたが…。


        横浜コスモワールド・カウントダウン、2008年

        午前0時と共に遊具は全て消灯。2008年の幕開け!

        横浜コスモワールド・カウントダウン、2008年そのまま花火の打ち上げが続き、周囲の建物を花火の色に染め上げる。


        横浜コスモワールド・カウントダウン、2008年午前0時3分。用意していて1500発を打ち終わり、花火終了。ちょっと寂しい終わり方だが、若者が多いため「あけおめー」の声が周囲に響き渡る。


        皆様、今年もよろしくお願いいたします。:-)
        comments(0), trackbacks(0), - -
        人気ブログランキング 風景・自然写真へ

        にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
        にほんブログ村

        横浜・初日の出’08
        category: 旅行ガイド
        0
          横浜コスモワールドのカウントダウン・イベントに参加したため帰りの電車・バスがなく、:-p そのままランドマークタワー69F展望フロアで初日の出を拝んでから帰ることに。朝1:30頃(笑)に並ぶと既に10人ほどが展望室入り口にスタンバイ済み。

          横浜・初日の出、ランドマークタワー

          そして朝6:00に入場した時の状態がコレ。まだ夜のため明かりがそれなりにある(いわゆる適正露出ではもっと豪華で綺麗なのだが連作なのでトーンは他に合わせて落としてある)。地平線(房総半島)の向こうが既にいい色加減に焼けてきている。

          横浜・初日の出、ランドマークタワー

          6:20。朝が近づき街明かりが減ってきた。期待感が盛り上がる。

          横浜・初日の出、ランドマークタワー

          6:40を越えたあたりで、地平線の上に張り出した雲の後ろに既に朝日がスタンバイ状態。あたりにポツポツと歓声があがり始めた。

          横浜・初日の出、ランドマークタワー

          6:53、ついに太陽が顔をのぞかせた。観衆は熱狂状態で後ろからの圧力が凄い。2008年初日の出撮影ミッション完了!:-)

          皆様、本年もよろしくお願いいたします!:-)
          comments(0), trackbacks(0), - -
          人気ブログランキング 風景・自然写真へ

          にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
          にほんブログ村

          横浜/大桟橋埠頭
          category: 旅行ガイド
          0
            横浜/大桟橋埠頭、みなとみらい全館点灯、原色横浜図鑑
            みなとみらいの全館点灯


            今日は、横浜/山下公園に隣接する大桟橋埠頭にご案内。
            大桟橋埠頭は埠頭なので(笑)、船が発着する場所。だが観光客(やカメラマン/ウーマン)にとってはまったく別の意味があり、その屋上に設けられた公園からの景色が楽しい場所でもある。

            上は、もっとも人気のある、みなとみらい地区を見渡す方向。左から、2棟建ての赤い建物が赤レンガ倉庫。一番背の高い建物がランドマークタワー。その横がクイーンズスクエア。その前に構えるのがコスモワールドの大観覧車。右の半円状の建物はインターコンチネンタルホテル。昼間の景色も悪くはないが、夜景だと水に光が反射して美しく輝く。年末の12/23〜25には、この地区のビルの全ての階を点灯する「全館点灯」がある。

            横浜/大桟橋埠頭、夜景、月、ベイブリッジ、賑やかな夜左は、ベイブリッジ方向。夜だと船の光跡が美しい。ベイブリッジができたばかりの時、橋の上は路駐が多くてよくニュースに出てた。ベイブリッジ側からこちらの方向を眺めることもでき、その場合、大黒埠頭やスカイウォークからということになる。


            横浜/大桟橋埠頭、ウッドデッキ、人間の力埠頭自体もユニークな造形になっており、この造形を見るだけでも来る価値はある。ただ、床はウッドデッキなので、三脚を立てた場合、歩く人の振動を拾いやすい。注意が必要。この階にトイレと自動販売機があり、寒くなったら、屋内(埠頭の本来の役目の方)に入って温まることもできる。なお、この作品の中央奥にあるのは、海の向こうの風力発電施設。


            横浜/大桟橋埠頭、マリンタワーと氷川丸、港を染める右手の塔は横浜マリンタワー。イルミが飾られているのは引退した氷川丸。氷川丸のそばに、シーバス(水上バス)の発着場があり、横浜駅東口、ぷかり桟橋、赤レンガ倉庫と連絡している。乗船料はそれほど高くないので、記念に乗ってみてもいいだろう。


            横浜/大桟橋埠頭、大型客船、クルーザー、クリスマスへの誘い埠頭の本来の機能として、客船の発着がある。飛鳥IIを始めとして大型客船の発着もあり、行き先も色々。


            横浜/大桟橋埠頭、全観点灯、夜のデートスポット、クリスマスプレゼントここを訪れる人は様々だ。日本人に外国人。団体の観光客にカメラマン。そして忘れてならないのは、デートスポットとしての利用だろう。昼は観光客、夜はカップルが多くなる。ベンチはたくさんあり、座る場所には困らない。大桟橋は広いので、眺めのいい所で静かに過ごすこともできる。芝生があるので、家族連れならシートを広げてピクニックもいいだろう(実際そうしている人はいる)。


            comments(0), trackbacks(0), - -
            人気ブログランキング 風景・自然写真へ

            にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
            にほんブログ村

            New Entry.
            Category.
            Archives.
            Comment.

            pho10.comトップページに戻る
            ブログ内を検索
            プロフィール
            落合勝博(おちあいかつひろ)
             ー 横浜市在住のアマチュア風景写真家
            カレンダー
            SMTWTFS
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << January 2018 >>

            最新のブログに移動
            新着写真(壁紙)
            (解説付き)これだけあれば何でも写せる!
            お約束 (^_^;) amazonからの関連CM
            このブログの過去記事
            その他
            無料ブログ作成サービス JUGEM